「鋼鉄 : リアレスハンマーBK / TM ガバメント」
商品番号:631664
X-FIRE ロゴ
鋼鉄 : リアレスハンマー/マルイ製M1911A1

リアレスハンマー/マルイ製M1911A1
「鋼鉄」シリーズは「外観はミルスペックグレードを再現し、機構部の信頼性は従来通りの品質」をコンセプトに取り組みます。
従来のSUSから実銃同等の素材である「スチール」に切り替え、黒染めを用いフィニッシュ。SUSバージョンにない荒々しさを表現。本来の生産方法以上であるCNC全切削を用い「機構部の再現性」と「耐久性」を考慮し製作しています。
※実銃のリルさを表現させるため「染めムラ・切削跡」を味とすることができるようスチール全切削を採用していますが材質がスチールである為、ある程度キレイに保存する場合は定期的なメンテナンスとしてオイルフィニッシュを施して下さい。(出荷時にシリコンスプレー処理済み)

※実銃のように錆びを味とすることができるようS45Cを採用していますがある程度キレイに保存する場合はメンテナンス時にサビ対策を施して下さい。

Paraオードカスタムシリーズ”PXT LDA ”にて多用されるリアレスタイプを再現。本製品は3Dスキャナを駆使し必要な寸法を割り出し作成された為東京マルイ各ガバメント専用商品となります。

切削の印である「切削マーク」を残しディティール強化
「実銃カスタムライン」の仕上がりを目指したSUSバージョンと異なり「鋼鉄」シリーズでは「ミルスペック」の仕上がりを想定。実銃通りの切削マークや黒染めを施し可能な限り雰囲気を近づけます。また黒染めも均一な仕上がりを目指すのでなくヴィンテージ感が漂う「色ムラ」を再現。

好評の「Rシリーズ」からフィードバックされたハンマートップ処理
レースガン用カスタムパーツとして提案をしている「Rシリーズ」はスライドアクション時の摩擦を緩和する目的でハンマートップを削り込んでいます。Rシリーズの技術をフィードバックすることでフォルムを崩さず滑らかなトップを実現しブローバックを促進します。

リアレス ハンマー/TM M1911A1
販促チラシはこちらからご覧頂けます
鋼鉄 : リアレスハンマーBK / 東京マルイ M1911A1 鋼鉄 : リアレスハンマーBK / 東京マルイ M1911A1 鋼鉄 : リアレスハンマーBK / 東京マルイ M1911A1 鋼鉄 : リアレスハンマーBK / 東京マルイ M1911A1
税抜価格 \ 2,940
御購入時は下記の項目に同意していただいたものとさせていただきます。御熟読願います。
商品ID:631664

御熟読願います。
御購入時は以下の項目に同意していただいたものとさせていただきます。
○当社製品はエアーガンの分解・修理・調整に熟知された方を対象に御提案させて頂いております。誤使用 及び 経験不足による破損等の諸問題が発生した場合いかなる状況でも保証はいたしかねます。
○鋼鉄シリーズについて
実銃の荒々しさに迫る鋼鉄シリーズは材質にCS(カーボンスチール)を選定し黒染めによるランダムな染めの質感迄再現します。見た目の美しさを追求するシリーズではございません。美しい表面処理を好まれる場合はステンレスシリーズもしくはジュラルミンシリーズをお求め下さい。
○パルソナイトについて
耐食性という面において窒化処理中最高であるパルソナイトですが長期間の使用ではメンテナンス次第で酸化する可能性があります。
弊社では出荷時にオイルフィニッシュに加えシリコンスプレーを塗布しておりますので継続的なメンテナンスを実施してください。
また、内部に精度を求められるパーツの場合はご使用前に一度クリーニングを行い油分の調整を図ってください。日本パーカライジング社 解説 参照 http://www.parker.co.jp/netsu/pal_n_05.shtml
○カスタムパーツは純正パーツにあるクリアランスをなくし性能を十二分に発揮する為のパーツです。純正パーツの公差によってはフィッティングが固い場合がありますので加工等を伴う可能性がございます。
○当社製品は純正パーツ又は、PDIパーツとの併用を前提に開発・製造しております。他社製品との兼ね合いにつきましては一切の保証はできませんのでご了承下さい。
○純正対応という表記は「純正パーツに無加工で取り付け可能」という意味ではありません。また、必ずしも純正品と同寸法を指す事でもありません。
○初期不良の判断基準は弊社側にございます。商品到着後の製品に対する疑問は、メールにて御相談下さい。また、その際は必ず組込む前にご相談下さい。一度組込まれると対応できなくなる可能性がございます。
○弊社ではより良い製品をお渡しする為に予告無く製品に改良を施す可能性がございます。ご了承下さい。