「 パルソナイト シリンダー / TM L96 AWS」
商品番号:646842

HDX-FIRE ロゴ
L96 パルソナイトシリンダー
●内径20φ(純正径) ●内径公差±1/100mm ●SUS304(ステンレス) ●レーザー溶接使用 ●平行ピン採用 ●パルソナイト処理
CYLINDER cross section

業界の常識を覆した「プレシジョンシリンダー」にステンレスの表面改質パルソナイト処理を追加
●内径20φ(純正径) ●内径公差±1/100mm ●SUS304(ステンレス) ●レーザー溶接使用 ●平行ピン採用 ●パルソナイト処理
純正シリンダーと同サイズ(内径)のステンレス製シリンダー。一般的なステンレスパイプでなく仕上がりの精密さに長けている冷間鍛造にて製作されており内径公差±1/100mmという精度を実現。これは一般的なカスタムインナーバレルと同精度です。いかにしてピストンを効率よく加速させエアーを噴出するかがポイントのボルトアクションシステムにおいて対摩耗にこだわり徹底的に磨き抜いた究極のシリンダーシリーズ。パルソナイトはステンレスの表面改質をおこなう窒化処理でエアガンシリンダーに適用した場合、耐久性の向上と初速の改善がみられます。さらにブラックになることで軍用モデルのライフルに相応しい外観へステンレスを変貌させます。また、表面改質ですので塗装のように皮膜がのるのではなく材質そのものを変化させますのでプレシジョンの精度はそのまま保ちます。

ボスとの結合箇所を配慮
カスタムシリンダーのネックともいえるボスと本体との結合には細心の注意を払っています。中空の「割りピン」を用いているシリンダーが多い中、それらでは圧倒的な耐久性は得られないと判断し「ソリッドな平行ピン」を採用。加えて結合部を溶接する事で長期間のコッキング回数にも負けないタフな仕様へと生まれかわります。

冷間鍛造により高精度なインナーバレルを実現
精密さを追求する事が可能な冷間鍛造伸管法により内径公差が±0.002mmという業界トップクラスの精度を獲得。これにより究極のタイトバレル01バレルが完成。1/1,000mm台の精度無くして内径6.01mmは成り立ちません。


L96AWS

L96AWS

税抜価格 \16,070
御購入時は下記の項目に同意していただいたものとさせていただきます。御熟読願います。
※シリンダー、シリンダーヘッド等、ある程度の期間(ロット)ごとに修正・改良を加えておりますので過去のロット分と最新のロット分では組み込みが困難なものもございます。最新ロット分同士を組み込むことで解決出来ます。
商品ID:646842

御熟読願います。
御購入時は以下の項目に同意していただいたものとさせていただきます。
○当社製品はエアーガンの分解・修理・調整に熟知された方を対象に御提案させて頂いております。誤使用 及び 経験不足による破損等の諸問題が発生した場合いかなる状況でも保証はいたしかねます。
○鋼鉄シリーズについて
実銃の荒々しさに迫る鋼鉄シリーズは材質にCS(カーボンスチール)を選定し黒染めによるランダムな染めの質感迄再現します。見た目の美しさを追求するシリーズではございません。美しい表面処理を好まれる場合はステンレスシリーズもしくはジュラルミンシリーズをお求め下さい。
○材質について
PDIではトイガンユーザー様の幅広いニーズに御答えする為に複数の材質を用い製品を製作しております。中には純正状態よりも明らかに質感・重量が増加するものもございます。質感を追求する為に実銃同様材質を用いると作動性が損なわれるケースもございます。これらの点は明記しております「材質」をもとにユーザー様側にてその特性を判断して下さい。
○パルソナイトについて
耐食性という面において窒化処理中最高であるパルソナイトですが長期間の使用ではメンテナンス次第で酸化する可能性があります。
弊社では出荷時にオイルフィニッシュに加えシリコンスプレーを塗布しておりますので継続的なメンテナンスを実施してください。
また、内部に精度を求められるパーツの場合はご使用前に一度クリーニングを行い油分の調整を図ってください。日本パーカライジング社 解説 参照 http://www.parker.co.jp/netsu/pal_n_05.shtml
○カスタムパーツは純正パーツにあるクリアランスをなくし性能を十二分に発揮する為のパーツです。純正パーツの公差によってはフィッティングが固い場合がありますので加工等を伴う可能性がございます。
○当社製品は純正パーツ又は、PDIパーツとの併用を前提に開発・製造しております。他社製品との兼ね合いにつきましては一切の保証はできませんのでご了承下さい。
○純正対応という表記は「純正パーツに無加工で取り付け可能」という意味ではありません。また、必ずしも純正品と同寸法を指す事でもありません。
○初期不良の判断基準は弊社側にございます。商品到着後の製品に対する疑問は、メールにて御相談下さい。また、その際は必ず組込む前にご相談下さい。一度組込まれると対応できなくなる可能性がございます。
○弊社ではより良い製品をお渡しする為に予告無く製品に改良を施す可能性がございます。ご了承下さい。