「ライトアウターバレル/TM L96 AWS」
商品番号:
646866
X-FIRE ロゴ
ライトアウターバレル

国内外あわせ業界初となる待望の製品をリリース、東京マルイL96 AWS専用アウターバレル
ジュラルミン全切削、サンドブラストによる表面処理後、耐久性と耐食性を考慮しブラックアルマイト処理を施しマットな仕上げを実現。
艶のない落ち着いた色調が高級感を表しています。
マズルキャップはPDI製ブルバレルCAPを御使用ください。
バレルスペーサーはPDI製G-SPEC用バレルスペーサーを御使用ください。

ライトアウターバレル

サイズ調整(全長)により引き締まった印象に
L96 AWSはインナーバレル先端がアウターバレル先端から数センチ手前で止まっている「寸足らず」な設定です。出力対策やアタッチメントとしての効果を考慮しての設計だと思われますが一般的なマズルキャップを装着したい方に取っては、「アウターバレルをカットし、ネジをきり直す」もしくは「インナーバレルを延長する」という加工をしない限り実現する事が不可能でした。

そこでライトアウターバレルでは純正インナーバレルでしっかりアウター先端に届き、なおかつPDI製ブルバレルキャップにて固定できるサイズを割り出し採用。最も手軽に換装できる方法となります。

ライトアウターバレル
純正アウターバレルとライトアウターバレルの対比。インナー長を考慮し18mm切り詰めています。

ライトアウターバレル


CAP
ブルバレルCAPを用いると印象が大きく変わります

ライトアウターバレル
ライトアウターバレル装着画像。純正インナーバレルの加工無しで上記のように設定可能。

ライトアウターバレル

 

CNC複合旋盤を用い1フィニッシュによる高い切削精度を実現
MORISEIKI NL2000SY を用いたことで圧倒的な製作精度を実現。特にVSRと異なる下面部にあるX軸方向のミーリング加工はリーチが長く大きな「割り加工」を伴う事もあり複合旋盤の利点を存分に引き出し「1フィニッシュ」という形で完成させています。

ライトアウターバレル

ライトアウターバレル

ライトアウターバレル

ご購入前に御熟読願います

1.レシーバーとの結合はネジによる締め込みですので最終ポイントから幾分か手前に巻き戻す事でチャンバー口が真下を指すようになります。この戻し代はレシーバー側ネジの個体差により前後します。弊社では1stロット数本から数値を計り平均的な値で製作を行っております。現状では組み込み、試射を行った結果全て無加工で問題はございませんでしたが調整が必要な場合アウターバレルの各穴の拡大やストックの擦り合わせ等(ともに棒ヤスリ等で簡単に拡大可能)を伴います。

2.割り加工後検品にてネジ部のチェックは行っておりますがレシーバー側の個体差によっては入りにくい物があるかもしれませんので、そういったレシーバーとの組み合わせの際は無理にまわさず調整を行ってから挿入して下さい。※無理にまわすとレシーバーを痛めます

税抜価格 \8,260
御購入時は下記の項目に同意していただいたものとさせていただきます。御熟読願います。
商品ID:646866

御熟読願います。
御購入時は以下の項目に同意していただいたものとさせていただきます。
○当社製品はエアーガンの分解・修理・調整に熟知された方を対象に御提案させて頂いております。誤使用 及び 経験不足による破損等の諸問題が発生した場合いかなる状況でも保証はいたしかねます。
○鋼鉄シリーズについて
実銃の荒々しさに迫る鋼鉄シリーズは材質にCS(カーボンスチール)を選定し黒染めによるランダムな染めの質感迄再現します。見た目の美しさを追求するシリーズではございません。美しい表面処理を好まれる場合はステンレスシリーズもしくはジュラルミンシリーズをお求め下さい。
○パルソナイトについて
耐食性という面において窒化処理中最高であるパルソナイトですが長期間の使用ではメンテナンス次第で酸化する可能性があります。
弊社では出荷時にオイルフィニッシュに加えシリコンスプレーを塗布しておりますので継続的なメンテナンスを実施してください。
また、内部に精度を求められるパーツの場合はご使用前に一度クリーニングを行い油分の調整を図ってください。日本パーカライジング社 解説 参照 http://www.parker.co.jp/netsu/pal_n_05.shtml
○カスタムパーツは純正パーツにあるクリアランスをなくし性能を十二分に発揮する為のパーツです。純正パーツの公差によってはフィッティングが固い場合がありますので加工等を伴う可能性がございます。
○当社製品は純正パーツ又は、PDIパーツとの併用を前提に開発・製造しております。他社製品との兼ね合いにつきましては一切の保証はできませんのでご了承下さい。
○純正対応という表記は「純正パーツに無加工で取り付け可能」という意味ではありません。また、必ずしも純正品と同寸法を指す事でもありません。
○初期不良の判断基準は弊社側にございます。商品到着後の製品に対する疑問は、メールにて御相談下さい。また、その際は必ず組込む前にご相談下さい。一度組込まれると対応できなくなる可能性がございます。
○弊社ではより良い製品をお渡しする為に予告無く製品に改良を施す可能性がございます。ご了承下さい。